我慢の限界

何が我慢の限界かというと「韓国」です。

徴用工問題(実際は徴用工ではなく、戦時中の朝鮮人労働者雇用問題です。いや問題ではありません。)、海上自衛隊航空機に対するミサイル管制レーダー波照射問題。2年前に解決済みの従軍慰安婦問題。

今日の文大統領の記者会見での徴用工問題での発言である。すでに1965年に解決済みの問題を韓国最高裁が日本企業に対して有罪判決を下し、賠償金の強制執行を三権分立という屁理屈で政治問題とするなとの発言。全く話にならない。

もうこんな国とは付き合いきれない。今すぐにでも国交断絶すべきである。

国交断絶までいかなくとも、強烈な報復措置をとるべきである。そうしないことには、ますます付け上がって日本を舐めてかかってくる。この国に対しては、日本らしい奥ゆかしさや優しさを捨てるべきである。