滝本秀隆 短編小説シリーズ 第7作「強い妻」

強い妻
「お肉もパスタも、美味しかったね〜」
「うん。グルメ好きの友人に勧められた店だったんだ。やはり間違いなかったね」
その日、私と瑛美はイタリアンレストランでディナーを楽しみ、帰るところだった。私達は、地下鉄の駅に向かって歩いていた。正面から二人組の男がこちらへ向かって歩いてくる。
二人組は私達の前に立ち塞がった。実にガラの悪そうな男達だ。
「可愛い姉ちゃんじゃないか。ちょっと俺達に貸してくれよ」
「バカなことを言うな!怪我をする前に道を空けるんだ!」
私は勇気を振り絞って、男達に言った。
「兄さん、ずいぶん威勢がいいねぇ。これが見えないかな」
男達はポケットから光る刃物を取り出し、私達に見せた。その瞬間、私は信じられない光景を目にした。
アクション映画のスローモーション映像のように、瑛美が脚を高く上げると、回し蹴りで男が手に持った刃物を払い落とし、肘突きを顔面に入れた。男は、崩れるように倒れた。
もうひとりの男は、青ざめた表情で戦意を喪失しているようだ。
「さあ、あんたも来なさいよ!」
瑛美は男を手招きしている。
「ひえ〜っ!」
男は倒れている男を見捨てて、飛んで逃げていった。

 

地下鉄の車内で、私達は興奮しながら話し合った。
「瑛美があんなに強いなんて、びっくりしたよ」
「ダイエットのために、5年前からキックボクシングジムに通っているの。でも、実戦で戦ったのは初めてだったから、ドキドキしたよ」
「いや〜、目が覚めるようなキックだったなぁ」
「雅紀の、怪我をする前に道を空けるんだ!のセリフもカッコ良かったよ!」
「あれは、実はビビリながら言ったんだよ」

 

翌日の夜。英国ショットバーで私を含め3人の男が飲んでいた。
「雅紀、話が違うじゃないか!俺は、鼻の骨が折れたんだぞ!」
鼻ギプスが痛々しい男がまくしたてた。
「悪い、悪い、俺も瑛美がまさかあんなに強い女なんて知らなかったんだ。でも、おかげで俺達は上手くゴールできそうだ。ふたりには、とても感謝しているよ」
私は、瑛美の前でカッコいいところを見せようと画策し、ふたりの友人にチンピラの役を頼んだ。ところが、瑛美がキックボクシングをやっているのは誤算だった。瑛美は猛烈に強く、ひとりの友人を瞬時に倒したのだ。

 

 私と瑛美が知り合ったのは、1年前だ。私は映像制作会社で、ディレクター兼カメラマンの仕事をしていた。仕事内容は、企業やショップのPR映像制作が多かった。
あるヨガ教室からPRビデオを制作して欲しいと依頼があり、私はカメラを抱えて教室へ出向いた。事前の打ち合わせ通り、まず通常のレッスンシーンを撮影していった。
3人のインストラクターと15人ほどの生徒が、いきいきとポーズを決めていく。私はビデオカメラのレンズを通して、インストラクターの女性のひとりに釘付けとなった。手足が長く、スリムでしなやかな身体。ショートヘアで、整った目鼻立ち。見ず知らずの女性に、私は一目惚れした。

 

 撮影は無事終了し、編集を終えた映像DVDを私は自ら納品するため、再度ヨガ教室を訪れた。教室のオーナーにお礼をし、帰り際に私は一目惚れしたインストラクターについて聞いてみた。
「篠田瑛美さんね。彼女は、まだ独身よ。恋人募集中って言ってたから、良ければ今、彼女を紹介するね」
「本当ですか!よろしくお願いします!」
こうして、私と瑛美はヨガ教室オーナーの紹介により、付き合いが始まった。
付き合っているうちに、私達は同郷ということが分かり、より親密感を覚えた。数ヶ月デートを重ね、私は彼女にプロポーズをするタイミングを図っていた。友人を雇い、チンピラの前でカッコ良く彼女を守る、という陳腐な計画を企てたのだが、意外な結果に終わった。それでも何とか私は彼女にプロポーズし、OKの返事をもらったのだ。

 

 半年後、私と瑛美は盛大に結婚式を挙げた。新婚旅行は、憧れのニューカレドニアへ行き、新居は荻窪のマンションに構えた。
私の仕事も順調で、結婚生活は順風満帆だった。妻は仕事をしながら、キックボクシングジムには欠かさず通っていた。
妻に誘われ、私も1度はキックボクシングジムの門をくぐった。初心者向けのトレーニングを行ったが、あまりのハードさにわずか1日で根を上げてしまった。しかし、妻の方はどんなにキツい練習をしてもケロリとしている。そして、妻のキックボクシングの技術は、ますます磨きがかかっているようなのだ。どうやら妻には格闘技に関して、天性の才能があるらしい。

 

そんなある日、中学時代の友人3人が、我が家を訪ねてくれた。3人とも地元の岐阜県内にある会社に就職しており、連休を利用して東京に遊びに来たそうだ。
「新婚早々にお邪魔して、すみません」
「何を言っているんだ。とにかく紹介するよ、妻の瑛美だ」
「瑛美です。皆さん、雅紀さんの中学の同級生なんですってね。今でも仲がいいんですね」
「山野です。噂には聞いていたけど、本当にきれいな奥様だ。羨ましいですよ」
「森です。よろしくお願いします!」
「宮部です。奥様も美しいし、お住まいも素敵ですね。部屋のインテリアは、奥様の趣味ですか?センスいいなぁ!」
「お前達、どんなに褒めても何も出ないぞ!」
「それじゃあ、皆さん、乾杯しましょう」
瑛美がみんなのグラスにビールを注いだ。
「かんぱ〜い!」
私達は、それぞれの近況を話したり、中学時代の思い出話に花が咲いた。
瑛美がキッチンに立った時、森がつぶやくように言った。
「瑛美さんで思い出したけど、そういえば、クラスに瑛美っていう名前の女子がいたな」
「ブスでデブの中尾瑛美か。いやなことを思い出させるなよ」
「いじめにあって、自殺未遂をしたことがあったな」
「同じ瑛美でも、美人の奥様とは、えらい違いだ」
久しぶりの再会に私達は大いに盛り上がり、長く話し込んだ。
彼らが帰ってから、妙に気になることがあり、私は中学校の卒業アルバムを探し出し、開いた。
クラスの集合写真の中に中尾瑛美の顔があった。ブスでデブだが、目だけはどこかで見覚えがあった。アルバムに見入っている私の背後に、人の気配を感じた。はっ、と振り向くと笑顔の瑛美が立っていた。

 

「やっと思い出してくれたのね、雅紀さん。中学生の時、私があなた達にずいぶんいじめられた、ブスでデブの中尾瑛美よ。中学を卒業後、私は養女になって名前が篠田に変わったの。これからは、毎日私が雅紀さんをいじめるから、楽しみにしてね」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です